りんご7976は冷蔵庫で長期保存が可能になる!その方法は?

りんごをたくさんもらってしまって家で食べきるのが難しい、という時、自宅で長期間保存するときには冷蔵庫を利用しましょう。涼しい場所に段ボールなどに入れて保存しておくと1か月ほどはおいしく食べられるといわれていますが、冷蔵庫で保存をすると、数か月間おいしく保存することができる方法があります。 その方法は、りんごと1つずつラップできっちりと巻いてしまいます。その後、ナイロン袋にラップで巻いたりんごを詰め、空気を抜きます。そのまま縛って空気が入らないように袋の口をねじって結ぶか、ねじってから輪ゴムで止めてそのまま冷蔵庫に保存します。冷蔵庫で保存している間もたまに袋を開けて様子を見て、りんごに水滴がついているようなら綺麗に拭いておきます。この方法で2か月以上は保存が可能になり、実際にこの方法で保存を行った人の中には、傷がついていたりんごでも6か月保存できたというものがありました。 注意点としては、全てのりんごが長期保存が可能になるわけではありません。蜜いりのものや紅玉、ジョナゴールド、つがるなどは長期保存には向いておらず、この方法でも1~2か月が限度になるようです。長期保存ができるとはいえ、なるべく早めに食べた方がよさそうです。

りんご7976でこんな事ができるの!?ケーキを美味しく保存する方法

お家でケーキを食べ残した時、皆さんはどうしていますか?多くの方が、常温で置いておくより「冷蔵庫で保存する」という意見なのではないでしょうか?でも一度冷蔵庫に入れたケーキは、スポンジもクリームも水分が抜けて味が落ちてしまいますよね。「何とか美味しいままで保存したい!」そんな時に試して欲しいのがりんごを使った保存方法です。ケーキの入った箱やお皿にりんごを一緒に入れるだけなのですが、2~3日はしっとり感が保て、美味しく保存できます。その際気を付ける事は、入れるりんごは4分の1くらいにカットしたものでOKという事。丸ごと入れると効果がありませんのでご注意ください!